モラトリアム in 東京。

BomberfetTのVo.が、ほんとどうでもいいことを書くブログです。バンド、Vape、Web関係についての話題が多いかと。

「バンドマンよ、素直に働け。」生誕から音楽活動始動、そして今の仕事や『BomberfetT』結成まで、私の来歴を書きます。

仕事がら、ものを書くことが増えました。

 

所謂、「オウンドメディア」なるもので、「記事コンテンツ」なんてものを提供するようになりました。

その結果、何となく文字がかけるようになったなぁと思うので今日からブログ始めます。

 

実は今までも何度かブログを開設したことがあります。

でも結局4、5回更新してはやめてしまったりを繰り返してきました。

理由としてはもちろん、自分にものを書く力がなかったのもありますが、やっぱり一番の原因は「目的のない生産行為に疲れた」ことだと思います。

 

ただ、この歳になってみて逆にこの目的のない生産行為」というのが中々に興味深いものだといまさらに気がついたので、せっかく文字が書けるようになってきたこのタイミングで始めようと思います。

 

 

来歴。特に何も誇るべき実績は無い。

来歴を書きます。

 

1987年。日本に生まれる。

小学校より前については割愛。

 

小学校ではどちらかというと陰キャだったと思う。デブだったし。

 

中学校に入学してから野球部に入学。野球はほんとにすばらしいスポーツですね。

で、思いっきり痩せて体も出来上がってきたので少しリア充寄りの生活になります。

 

高校に入学。野球部に入ります。

入ってすぐにけがをします。ひざです。今も時々痛いです。

これにより、選手生命が終了します。残念です。

 

しかし、とにかく図々しい性格でしたのでまさかの学生コーチになり、とにかくチームが勝つために3年間邁進しました。

おかげで、「なんだあいつ練習で苦しまないくせに偉そうなこと言いやがって」と、友達が減りました。…この歳になって、「あの時は助かったありがとう」とか彼らに言われますが、当時はとにかくつらかったです。

 

で、最後の夏の大会が終わった瞬間にバンドを組みました。

元々Led ZeppelinDeep purpleが大好きだった私は、野球がなくなって途方にくれているときに友人に誘われ、すぐ食いついたのです。

 

で、初めてのステージはよくあるパターンで、文化祭でした。

 

当然、オリジナル楽曲なんて持ち合わせていませんから、コピーを3曲かやりました。

必死こいて練習しましたね。ほんと毎日練習してました。

 

で、たった3曲でも完成度がやたらと高かったので、なんかすごい盛り上がっちゃったんです。

文化祭のライブって何となく閑散としてるイメージがありますよね?

これがいくつかのラッキーな要素が重なったのもあって、ほんとやたらと盛り上がったんです。

 

たぶん、200人は余裕で立ち止まって見てましたね。

 

何せ場所も体育館とかではなくて、四角形の校舎に囲まれた中庭だったので、通りすがりの人も足をとめてたくさん見てくれました。

 

この時の感動は計り知れないもので、今も大事な思い出です。

 

その後は何となく勉強を頑張って、何となく中堅レベルの私大に入ります。

でも勉強なんか全然手につかなくて、毎日バンドとバイトに明け暮れてました。

あとその時に付き合ってた彼女と毎日グダグダしてましたね。

 

そうなると当然、単位をガンガン落とすわけです。

バンドマンって夜型になりがちですから、そりゃあ昼間なんて全然学校行けないわけですよ。

 

このころに組んでいたバンドが、脊髄反射というバンドです。

今も一緒にやってる金内くんと始めたバンドです。

まぁこれがひどいバンドでして、音源の一つもまともに作らずにツアーに行くような非常識バンドでした。

 

ただ、妙に主催イベントには人が来てましたね。全然集客とかしてなかったのに100人は堅かったです。

あと曲もひどかったし、演奏もド下手でした。

はっきり言ってクソバンドでしたね。

 

 

 

f:id:bomberfett:20161031234434j:plain

(ちなみに私はまだそこまで太っていなかった。写真一番右です。)

限界を感じて次に作ったのが『Dawn of the Destruction(以下、DOD)というバンドです。

これもひどいバンドでしたが、脊髄反射よりはまぁまぁな演奏になっていたと思います。ただ、曲は相変わらずイマイチだったし、レコーディングしても聞くに堪えないようなものでしたね。何せイロハを知らなかったですからね。

 

 

で、これまた限界を感じて次のバンドを結成しました。

それが、『BomberfetT』です。

 

f:id:bomberfett:20161031235117j:plain

(画像一番右です。ものすごく太って完全にサモアの人みたいな見た目になってます。) 

BomberfetTは結成時点からすごく大事にしていることがあって、それは「絶対無理しないこと」です。

 

結局、脊髄反射DODなんだかんだどっかで無理してたっていうか、結局周りのバンドマンがみんなやってるような

 

バイト→スタジオ→バイト→ライブ→バイト→スタジオ→…以下無限ループ

 

の、負の連鎖に突入してて、お金もないし不安定だし売れないしなんか毎日とにかく心が落ち着かない状態で生活してたんです。

こうなるとどうなるかっていうと、何のためにバンド活動してんだかさっぱりわからなくなるわけです。

 

で、楽曲もどんどん本来自分たちがやりたいことから外れていくし、気が付けばライブのノルマのためにバイトしてるだけになっちゃったりして。

 

挙句にバンドマンあるあるでもよく出てくる「謎の借金」が膨らんじゃったりして。

(これ実は後で冷静に考えると謎でもなんでもなくて、ノルマ代と楽器代とスタジオ代とレコーディング代とツアー経費と…といったバンド活動を取り巻くいろんな出費で出来てしまうものなんですけどね…。)

 

で、これじゃいけないっていうんで心機一転、結成しなおしたのが『BomberfetT』です。

あ、ちなみに読み方は『ボマフェット』になります。『ボンバーフェット』でも『ボマーフェット』でも、『ボバフェット』でもありません。『ボマフェット』です。

 

具体的にBomberfetT結成時に私が掲げた目標と活動方針は以下になります。

 

・大学を卒業して、普通にサラリーマンになる。バンドが原因で、生活費の苦労をしない。

・消化試合のライブはやらない。ノルマで苦しまない。

・「売れること」をゴールにしたバンド活動をしない。あくまでも自分たちがやりたいことを続けていけるバンド活動をする。

 

この三つを大原則として、活動を開始しました。

 

で、この三つはちゃんと今も守れてます。

 

まず大学は8年かかりましたが卒業(しかも最終年度フル単位で滑り込み卒業)しましたし、新宿住友ビルで働くホワイトカラーな正社員になりました。

 

ライブも無理にやらず、月に1~2本程度でのんびりやってます。ただし、出るイベントはちゃんと精査するし、一球入魂的に毎回得るものは多いライブをやってます。

 

「売れること」をゴールにしないので、楽曲制作も以前より明らかにのびのびできてるし、正直手前味噌ではあるもののクオリティも明らかに上がっていると感じてます。

 

で、生活が安定してお金にも余裕が出てきたから全国流通とか急にやっちゃうわけです、大して売れてないのに。

 

↓ちなみにその音源はこれ。↓

https://www.amazon.co.jp/Dreamer-dusk-till-dawn-Dusk~/dp/B00FAO98UO/ref=ntt_mus_dp_dpt_1

 

全国流通を出したこともあってか、中々良い縁やチャンスもめぐってくることが増えました。

 

つまり、バンドマンが陥りやすい負の連鎖から立ち直ったことで、うまいこと世界が回りだしたわけですね。

 

で、現在に至る、と。

 

 

バンドマンよ、素直に働け。

今回は自分の来歴をひたすら語るだけの投稿でした。

いいじゃない、初回なんだから。

 

 

f:id:bomberfett:20161101002906j:plain

私からこの初回の投稿で世に訴えられることはたった一つです。

 

バンドマンよ、素直に働け。

 

働くことで世界は一気に広がるし、心にゆとりはできるようになるし、共依存を伴ったダークサイドの奈落に一緒に落っこちるだけの人間関係は断捨離できるし、メリットはすごく多いです。

 

もちろん、平日のイベントに極端に出づらくなったり、「なんか夢捨てちゃってダサいじゃん」みたいな謎のメンタリティになったりすることもあるとは思います。

 

でも、本当にバンド活動が好きで仕方がないなら、働いたほうがそれを続けるには良い道だと思うます。

 

世のバンドマンに幸多からんことを。

 

ということで、今後もこんな感じで言いたいことを言うだけのブログになります。

もし興味があったら次も読んでください。

きっと何の身にもならないとは思うけど。

 

では、また。